読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相席屋へ行ってみよう!前編

Eさん「あんたの周りって男いないの?」

 

ゆりあ「いやいますよ、たくさん」

 

Eさん「いるなら出会いあるでしょ〜」

 

ゆりあ「まあ、そうですね……いろんな人がいますし……どんな人がいいと思いますか?」

 

 

 

Eさん「とりあえずあんたはHNがない男と付き合いなさい」

 

 

 

ゆりあ「男が消えた…………」

 

 


こんにちは、ゆりあです。

 

出会い云々はさておいても、趣味の話が共有できない男の人と何話していいかわからないというのは昔からあります。

 

所謂"非オタ”(オタクだとしても別ジャンル)の男の人とお話ししてみたい……でもイケイケなところに赴くのは怖い……それにどれくらいお金がかかるかもわからない……

 

そう思いながら某駅を歩いていた時のこと。

 

f:id:Achamon_nu:20160930042341j:image

 

相席屋の新規オープン広告が目に入りました。

 

ゆりあ「相席屋行くか」

 

元々いろんな人から話を聞いたり記事を読んだりで相席屋そのものには興味があったのですが、今度行こうと約束していた人と疎遠になってしまい、機会を逃していました。

 

幸いこういうのにノリ気の友達は多いので、その中でも自分と最もフラットに話せる+お酒強い+男性経験多い、と3点揃ったMちゃんを誘うことに。

 

ゆりあ「(でもMちゃん彼氏いるんだよな……しかもめちゃくちゃ仲の良い……)」

 


---Mちゃんと彼氏のエピソード---

 

Mちゃん「ねえねえ、カップルって部屋とかで一緒にいる時、良い感じの雰囲気からセックスするもんかな?」

 

ゆりあ「え……そうじゃないの? Mちゃんは違うの?」

 

Mちゃん「うん!私はね、ゲームしてる途中でも飽きたらパッてやめて『彼氏くん!今からセックスしよ!』『いいよ!』って感じ!」

 

ゆりあ「」

 

---Mちゃんと彼氏のエピソード終---

 


ゆりあ「(まあ駄目なら他の人誘えばいいか……)
LINEしよ。相席屋行かない?っと」

 

1分後

 

Mちゃん「いいよ!いつにする?10月なら空けられるよ!」

 

ゆりあ「はえーよ」

 


そんな感じでトントンと日程が決まり、本格的に相席屋デビューが見えてきました。

 


ゆりあ「(ここまで決まっておいてアレだけど、彼氏のことはいいのかな……敢えて触れることでもないか……)」

 

ゆりあ「唐突なのにオッケーしてくれて良かったよ〜 経験としていろんな男の人と話してみたいな〜って思ってさ」

 

 

 

f:id:Achamon_nu:20160930041820j:image

 

 

 

f:id:Achamon_nu:20160930041831j:image

 

 

 

f:id:Achamon_nu:20160930041842j:image

 

 

 

ゆりあ「いや、私“も”ってなんだよ」

 

Mちゃん「えっ男探してんじゃないの」

 

ゆりあ「違うよ」

 

Mちゃん「余ってる友達なら紹介するよ! 背が高いだけの公務員」

 

ゆりあ「身長と職業しか情報入ってこないんだけど…… てか話聞いて」

 

Mちゃん「安心してください」

 

Mちゃん「手は付けてません」

 

ゆりあ「……もしかして、君に男を紹介してもらうとちゃっかり竿姉妹になるのでは」

 

Mちゃん「ゆーて竿姉妹楽しいよ!」

 

ゆりあ「楽しくない!!!!!!」

 


この後「竿姉妹が楽しい理由」について語られましたが、ここに書くのは憚られるので会った時にでも直接聞いてください。
それを聞いた私「へえ」

 


そんなわけで近々初の相席屋へ行くことに。
その際のレポは……後編として書きます。面白いこと書けるくらい面白いことが起きますように!

 

何着よう……(